スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はとバス 東京スカイツリー

はとバスで東京スカイツリータウンへ行こう!

はとバスで東京スカイツリータウンへ行こう!
(※展望台には入場しない)

東京スカイツリータウンは都心と下町を結ぶ東京の新たなシンボル。

その中には東京スカイツリーを中心に、
ショッピングスポットである商業施設「東京ソラマチ」、
水族館ドームシアターなどがひしめく。

東京ソラマチ」は、ファッション雑貨食品スイーツフードコートなど全312店舗で構成。
古きよきものを大事にしながら新しさをプラスした、下町のあたたかさや懐かしさが漂う、アットホームな雰囲気が感じられる商業施設です。

そんな東京スカイツリータウンを楽しむための、

はとバス「東京スカイツリータウンコース」をご紹介♪

★東京二大タワー競演(東京スカイツリータウンRと東京タワー)(A650)
 東京のシンボルを一日で満喫!
 代金:7,900円(大人)発着:東京駅 9:50発/18:20着予定

★粋な浅草と最新スポット東京スカイツリータウンR(A653)
 下町と話題の東京スカイツリータウンをR
 代金:2,900円(大人)発着:東京駅 13:50発/17:50着予定

★うわさのTOKYO街めぐり(J)(A122)
 ファミリーにオススメのプラン!バイキングやイルカショー
 代金:8,780円(大人)発着:東京駅 9:10発/17:40着予定
※発着時間などは都度確認要。
スポンサーサイト

はとバス 東京スカイツリー

はとバスの東京スカイツリー「ライティング&夜景の展望を楽しむ・夜のコース」

東京スカイツリーライティングは、

江戸紫をテーマカラーとし、金箔のようなきらめきのある「雅」と、
隅田川の水をモチーフとした淡いブルーの「粋」

この2種類のライティングが一日ごとに繰り返されます。

東京の夜景の新しい彩をそえることでしょう。

はとバスの「ライティング&夜景の展望を楽しむ・夜のコース」

★トワイライト東京スカイツリー天望デッキ(A606)
 東京ドームホテルのバイキングで昼食!
 代金:8,980円(大人)発着:東京駅丸の内南口 13:00発
 東京駅 19:10着予定

★【英語でご案内】TOKYO SKYTREER&Asakusa Tour
 (東京スカイツリーと浅草)(A321)
 ※ガイドは英語でのみ案内で、日本語での案内はありません。
 代金:6,500円(大人)発着:浜松町 13:40発/東京駅19:20着予定

★シンフォニーサンセットクルーズと夜景の東京スカイツリー天望デッキ(B673)
 優雅なクルーズでフランス料理を!
 代金:9,980円(大人)発着:東京駅 15:30発/21:30着予定

★夜の東京スカイツリー天望デッキと至福のディナーブッフェ(B672)
 40品目の洋・中・デザートバイキング
 代金:8,900円(大人)発着:東京駅 16:00発/21:20着予定

★隅田川クルーズと夜景の東京スカイツリー天望デッキ(B670)
 【13/3/31まで運行】下町情緒あふれる隅田川クルーズも
 代金:5,330円(大人)発着:東京駅 16:40発/20:50着予定

★夜景の東京スカイツリー天望デッキと東京ソラマチ(B674)
【3/31までの運行】充実のホテルバイキングと新名所からの夜景を満喫!
代金:8,500円(大人)発着:東京駅 16:50発/21:50着予定

★TOKYO湾岸ナイトと東京スカイツリー天望デッキ(B671)
中華の名店と新名所からの夜景を満喫!
代金:7,980円(大人)発着:東京駅 17:00発/21:30着予定

★東京ドームホテル「リラッサ」と夜景の東京スカイツリー天望デッキ( B675)
【13/4/1から毎日運行】充実のホテルバイキングと新名所からの夜景を満喫!
代金:8,500円(大人)発着:東京駅 16:30発/20:50着予定

★スカイビューダイニング「THE Sky」と夜景の東京スカイツリー天望デッキ (B676)
【13/4/1からの毎日運行】ニューオータニ展望レストランでお食事
代金:11,900円(大人)発着:東京駅 17:00発/21:50着予定

※発着時間などは都度確認要。

東京スカイツリー

はとバスの「東京スカイツリー天望デッキ(350m)入場付・昼コース」

東京の新たなシンボル『東京スカイツリー』!

はとバスには、朝から夕方の明るい時間に行くコースと、夜のライティング&夜景を楽しむコースがあります。
また、東京スカイツリーの天望デッキへは入場せず、東京スカイツリーの足元に広がる、大型複合施設『東京スカイツリータウン』へ行くコースもあります!

今回は「朝から夕方の明るい時間に行くコース」を紹介。

さあ、好みにあわせて選ぼう!

★東京スカイツリー天望デッキ(350m)入場付・昼コース
・東京スカイツリー天望デッキと2大ブリッジ(A609)
 下町風情の浅草とヒルトン東京ベイで大満足のバイキング!
 代金:8,980円(大人)発着:東京駅 7:30発/15:10着予定。

★東京スカイツリー天望デッキ&東京ソラマチAプラン(A634A)
 下町風情の浅草観光とシェラトン・グランデ・トーキョーベイでバイキング
 代金:9,680円(大人)発着:東京駅 7:30発/15:40着予定

★東京スカイツリー天望デッキ&東京ソラマチBプラン(A634B)
 下町風情の浅草観光と東京ベイ舞浜ホテルでバイキング!
 代金:9,680円(大人)発着:東京駅 7:30発/15:40着予定。

★東京スカイツリー天望デッキと浅草隅田川下り(A601)
 下町風情の浅草と大満足のバイキング!
 代金:9,980円(大人)発着:東京駅9:10発/16:20着予定。

★東京スカイツリー天望デッキと下町老舗の味(A602)
 浅草にて老舗牛なべを楽しむ。(水曜日は天麩羅)
 代金:9,980円(大人)発着:東京駅9:10発/15:20着予定

★浅草観音と東京スカイツリー天望デッキ&東京ソラマチ(A608)
 天麩羅で昼食。(※牛なべの日もあり)
 代金:9,800円(大人)発着:銀座キャピタルホテル新館 8:30発
 東京駅 9:10発/15:30着予定 (※帰着は東京駅のみ)

★国会議事堂と東京スカイツリー天望デッキ(A603)
 国会議事堂観光と赤坂エクセルホテル東急でバイキング。
 代金:10,500円(大人)発着:東京駅 9:30発 (土日祝/10:00発)/15:50着予定

★皇居・浅草と東京スカイツリー天望デッキ(A604)
 バイキングとお食事と皇居など東京の代表的な観光地と最新スポットへ
 代金:10,500円(大人)発着:東京駅 10:10発/ 17:10着予定

★帝国ホテルと東京スカイツリー天望デッキ(A605)
 帝国ホテルで大満足の洋食を楽しもう!東京の新旧の定番を満喫!
 代金:11,000円(大人)発着:東京駅 10:10発/ 15:50着予定
(※4/1発から新宿発も)

★東京スカイツリー天望デッキと人気のホテルバイキング(A607)
 人気のバイキングと新名所へ
 代金:9,800円(大人)発着:東京駅 10:10発/17:00着予定

※発着時間などは都度確認要。

東京スカイツリー天望デッキの高さは350mで、展望台の高さとしては日本一。
すり鉢状の形をしているので、足元に広がる下町の景色が見やすくなると同時に、
夕方や夜には室内の照明などがガラス面に映りこみにくくなり、
室内からの眺望もクリアに見えます。

はとバス 日帰り

秋だ!山梨!なす狩り・野菜詰め放題に巨峰狩り

◎秋だ!山梨!なす狩り・野菜詰め放題に巨峰狩り(日帰り)浜松町・新宿発
 2011.8/18-9/27の設定日(山梨県)

★みどころ
昔の話ですが、あまり美味なので、嫁に食わすなといわれた「秋なす」。
何より、旬の食材は、おいしく、栄養価も高く、生命力がある。

ということで、今が旬、秋なす・巨峰を求めて山梨へ。

「豊富のなす」…豊富の“なす”は、安全・安心で美味しいなすとして市場の高い評価を得ています。

3種の野菜詰め放題に巨峰狩り、秋の山梨の味覚を満喫!

★行程
・浜松町(8:00発 ※注:9/17(土)・18(日)・23(土)・24(日)は浜松町発は無し)
・新宿駅西口(8:40発 ※注:9/17・18・23・24は7:30発)
・中央道

・豊富・秋なす狩り(5本)
・道の駅 とよとみ(3種の野菜詰め放題)
・恵林寺門前・信玄館(昼食:信玄豚冷しゃぶと2段セイロおざら)
・恵林寺(自由参拝)
・山梨巨峰狩り(巨峰食べ放題。ちょっぴり巨峰のお土産付)
・笹一酒造(見学・試飲、仕込み水500mlペットボトルプレゼント)

・新宿駅経由(18:30頃)
・東京駅(19:00着予定)

★代金
日帰り
・平日:6,480円
・土日:6,980円

子供代金:一律200円引き

はとバス 京都

はとバス京都・三尾の紅葉めぐり(夜行日帰り)

はとバスの夜行日帰りバスツアーを紹介します。

◎京都洛西・三尾(さんび)の紅葉めぐり(夜行日帰り)

心に染み入るもみじと由緒ある古刹の風雅な佇まい…
夜行日帰り、朝食付のお手軽プランです!

京都の紅葉といえば嵐山や嵯峨野が有名ですよね。

でも、車で行けばかなりの渋滞を覚悟しなければなりません。

高雄は嵐山の数キロ北にあり、嵐山や嵯峨野に引けをとらない景観。

それでいて比較的静寂を保っていて、地元・京都の方も癒しを求めて日帰りでよく訪れます。

神護寺は高雄に、西明寺は槇尾に、高山寺は栂尾にあることから「三尾(さんび)めぐり」と呼ばれます。

乱れ積みの石段を登る神護寺は紅葉におおわれ、カエデと色を競う朱の金堂、また大師堂、多宝塔、地蔵院の庭からながめる清滝川の清流がつくる錦雲峡など見どころが一杯です。

清滝川のせせらぎに近い西明寺は、五代将軍徳川綱吉の生母桂昌院の寄進により再建された本堂、本堂と渡廊下で結ばれている客殿、一間薬医門の表門など貴重な建造物があります。

山深い高雄の古刹、高山寺は老杉や巨松や老楓でおおわれ、住宅建築の傑作、石水院(国宝・世界歴史遺産)や鳥獣戯画(国宝)をはじめ多くの文化財を蔵しています。

それぞれ美しい自然の中にある名刹で心が洗われます。

秋の紅葉は、例年10月下旬ごろから始まり11月10日前後が見ごろです。

清川沿いの道でも紅葉狩りが楽しめますよ。

行程は、1日目、浜松町 22:00に出発。東名道・名神道(車中泊)

2日目、嵐山にて朝食、渡月橋周辺の紅葉散策後、嵐山高尾パークウェイにて高尾へ。

三尾の紅葉めぐりは、栂尾・高山寺~徒歩10分~槇尾・西明寺~徒歩15分~高尾・神護寺と巡ります。

帰路は、名神道・東名道を経由して、東京駅に21:00着の予定。

出発は週末の金曜日、土曜日、日曜日。

代金は、金曜日、日曜日出発は16,800円。土曜日出発は17,800円。

子供は一律2,000円引き。ただし、子供代金は6歳以上12歳未満です。

また、朝食代やパークウェイ代、拝観料(各400円)は、旅行代金に含まれています。

バスガイドは乗務しませんし、はとバス以外の協賛会社のバスで運行する場合があるそうです。

また、レディースシートがあって、女性一人で参加する場合に希望すれば、ツアー予約時に知らせておくと、バス車内の座席を女性同士が相席となるよう配慮してくれますよ。

夜行バスなので、女性にとってはうれしい配慮ですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。